2012年03月06日

TOKYOジャーニー 15

あこがれの「早稲田大学アジア太平洋研究センター」の横を通り
東京旅行2012 161.JPG
中央図書館に行ってきたのですが
私の通っている大学と、提携を結んでいるらしく
特別な手続きをしなくても
書庫に自由に出入りできるシステムになっていました。

普通、よその大学に行くと
書庫には入れてもらえないので
めちゃめちゃうれしかったです。

書庫が広すぎて、全然時間が足りなかったけど
いい本がそろっていて、さすが早稲田大学やなーと思いました。

学会誌とかの品ぞろえがよく
古い本も沢山あって
しかも、自由に見たり、コピーとったりできるので
天国みたいな場所でした。
一ヶ月ぐらい、住みたい感じです。
posted by 瞳 at 01:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOKYOジャーニー 15

シンポジウムは、午後1時から5時までがっつりありまして
疲れました。
あ、まあまあ勉強になったよ。
でも、お尻が痛くなり、腹ペコになったので
休憩がてら、学内のカフェに行ってみました。

そのオシャレカフェでは、カフェラテを注文すると
東京旅行2012 162.JPG
こんなオシャレなものが出てきます。
メニューには、色々な種類のマフィンや
あつあつパンプディングもあって
めっちゃうらやましいです。

posted by 瞳 at 01:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOKYOジャーニー 14

東京に行った目的なんですけど。
ただ、色々な所に遊びに行くためではなくて
東京旅行2012 158.JPG
早稲田大学で行われたシンポジウムを聴きに行くためだったんやで。
ディズニーランドや、鎌倉観光や、博物館めぐりは
あくまで付属行事で
本当の目的は、早稲田大学のシンポジウムと、図書館での資料集めだったのです。
院生っぽいやろぴかぴか(新しい)

シンポジウムが始まる前に
学食でお昼ご飯を食べたのですが
東京旅行2012 159.JPG

きつねそばが、超薄味でした。
関東風の濃い出汁を予想してたのに
出てきたのは、京風よりも、さらに薄い汁がかかったそばで
ちょっとがっかり。

やっぱり東京のそばは、濃いわー

とか言いたかったのに。
しかも、きつねそばやのに
揚げと一緒にほうれん草がのっていて
そば注文前に取ってしまった、ほうれん草のおひたしとかぶったやんかちっ(怒った顔)
ほうれん草が乗ってるって知ってたら
冷ややっこにしたのに。

学食では
オルゴール調の「はじめてのチュウ」や「となりのトトロ」が
流れていて、オシャレな感じでしたよ。
さすが東京の大学やなーと思いました。

posted by 瞳 at 01:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOKYOジャーニー 13

博物館のあとは、アメ横に行ってきました。
東京旅行2012 232.JPG

めちゃめちゃにぎやかでした。
果物とか、魚介類とかを売るお店が
道の両脇にガーっと並んでいて
人も多くて、まっすぐ歩けないぐらい。
色々な物の臭いがして
たぶん、闇市ってこんな感じだったんやろうなー、と思いました。

アメ横は、国立科学博物館がある上野公園から
歩いてすぐの所にあるのですが
近くには、ストリップや大人のマッサージなど
ピンクな場所がありますよ。

上野は
博物館あり、美術館あり、動物園あり
老舗の洋食店あり、ツタヤあり
ファッションヘルスあり、デパートあり
呉服屋ありの、楽しい町でした。
posted by 瞳 at 01:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOKYOジャーニー 12

国立科学博物館です。
東京旅行2012 225.JPG

ここに、忠犬ハチ公のはく製がありまして
見に行ってきました。
東京旅行2012 216.JPG

ハチ公の隣には
南極大陸で生き延びたカラフト犬、ジロのはく製もありました。
東京旅行2012 218.JPG

2階に展示されてますので
ぜひ、ぜひ行ってみてください。
東京旅行2012 215.JPG

ほかにも、江戸時代の女性のミイラとか
縄文人や弥生人の人骨もあって
とても面白い所でした。

ところで、館内は展示物を自由に撮影してもいいので
気になるものの写真を、みんなバシャバシャ撮っているのですが
一緒に行った妹は、とにかく骨の写真を撮っていて
ちょっとびっくりしました。

縄文時代から江戸時代の人の頭蓋骨がある所では
順番に、アップで撮影していて
ちょっと引いたがく〜(落胆した顔)

あいつは、どうやら骨が好きみたいです。
特に、頭蓋骨。
posted by 瞳 at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。